水素のチカラ

水素とは?

H2O

「水素」と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?

水素(H2)は酸素(O)と結びつくことで水(H2O)になる。
これは、学校の理科の授業で習いましたね。

水素について詳しくない方は、水素がどういうものか、イマイチ掴みづらいものかと思います。

もう一度、小学生の時を思い出してください。
水素というのは、この世で最も小さい元素です、「スイヘイリーベー」と元素記号を覚えた記憶が懐かしい方も多いはず。

この小学生の頃に何気なく学んだ2点の性質が、人体にとって非常に優れた効果を期待できるとすれば、少し「水素(H2)」について興味が生まれるのではないでしょうか。

水素の持つ優れた性質

  • 人は体の機能を維持するために酸素(O)を必要とします。
    みなさんも意識なく、「呼吸」という行動をすることで体内に酸素を取り入れていますよね。
    人体が酸素を利用する際に副産物として発生してしまうのが、活性酸素(かっせいさんそ)と呼ばれる化合物。

    活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類が存在します。

    善玉活性酸素は、人体に良い影響を与える強い味方ですが、同時に生まれてしまう悪玉活性酸素(2・OH)というものは、人体に悪い影響を与えてしまいます。

    例えば、老化現象は悪玉活性酸素が身体をサビさせてしまうことで起きます。
    その他にも、癌(がん)・糖尿病・肺炎・心筋梗塞・アルツハイマー・シミ・くすみ等、あらゆる病気の原因とされています。

    ここで、もう一度水素の性質をおさらしましょう。

    ・水素(H2)は、酸素(O)と結びつくことで水(H2O)になる
    ・水素はこの世で最も小さい元素である

    なんと水素は、この人体の悪者である悪玉活性酸素と結びつくことで、悪玉活性酸素を無害な水へ変化させてしまうのです。

    悪玉活性酸素(2・OH)と水素(H2)が反応して、水(2H2O)へ変化し、無害な水として体外へ排出されるのです!

    しかも、水素は最も小さい元素ですので、人体のどの組織よりも小さいのです。
    人体の奥の奥深くまで容易にたどり着き、悪玉活性酸素を水へ変えてしまうという、非常に優れた性質を持った元素なのです。

  • 水素が体内の悪玉活性酸素と結びつき、水に変化する様子

水素医療という考え方

悪玉活性酸素(2・OH)+水素(H2)=水(2H2O)

悪玉活性酸素と水素が結びつくことで水になる。
水素の優れた性質を利用した予防医学の観点から広がっているのが「水素医療」という考え方です。
悪玉活性酸素が万病の元になってしまっているのであれば、水素を日常的に取り込み悪玉活性酸素の広がりを抑えることで、病気のリスクを減少させられる可能性があるのです。

この予防医学の考え方は徐々に広がりを見せており、医療業界はもちろん美容業界・ダイエット業界からも水素が注目されています。

ここで気になるのが水素の取り入れ方ですが、現在主流となっているのが水素水として口から取り入れる方法と、身体全体から取り入れる水素風呂の2種類となっています。

家庭でも簡単に水素医療を取り入れることが出来ることから、いっきに広がりを見せており、今最も注目される予防医学療法となっているのです。

水素の上手な取り入れ方

水素を取り込むには水素風呂が効果的

水素を効率的に身体に取り入れる為には、水素を充填させた商品よりもその場で水素を発生させる方が良いとされています。
水素は小さい元素なので、水素水などペットボトルに入れた瞬間から水素がペットボトルを通過して逃げていってしまう為です。

その中でとりわけ効率が良いのが、水素風呂です。
水素風呂は、水素を充填させる装置をレンタルするタイプと、入浴剤タイプの2種類が存在しますが、入浴剤タイプはペットボトルと同じように、水素を充填させた瞬間からパッケージを通過してしまいます。
しかし、その場で水素を充填させることが出来る装置のレンタルタイプであれば、水素が逃げる前に身体に水素をいっぱい取り込むことが出来るので、大変効率が良いのです。

レンタル料金は、各商品によってバラつきがあるものの、大体5000円くらいが相場となっているため、家計の圧迫も少なく済みますね。
毎日10分程度の入浴がおすすめです。

水素医療のメリット

水素医療を取り入れることで、様々なメリットが考えられます。
水素を利用した予防医学は、ご家庭でローコストで取り入れられ、非常に敷居が低いことがまず挙げられます。取り入れやすさはとても大事なことですよね。

四大疾病の原因とされている悪玉活性酸素。
水素医療で四大疾病と呼ばれている癌(ガン)・脳卒中・急性心筋梗塞・糖尿病の発生を抑えることは、死亡リスク・医療費コストの削減をはじめとして人生における大きなメリットがあると言えます。

従来の考え方では、発生した病気に対して医療技術を活用することに重きを置いていましたが、最近では病気発生を前から抑える予防医学が大変進歩しているのです。
とりわけ水素医療は化学的根拠に基づいたもので、取り入れるメリットが高いと考えられます。

水素にまつわるFAQ

水素は身体に害はないの?
水素の摂取による身体への害は一切報告されておりません。
水素は摂り過ぎたとしても身体を通過していくため、身体への影響はないと言われています。
善玉活性酸素まで水素が水に変えてしまうのでは?
水素は、悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルという成分と反応するので、身体に好影響をもたらす善玉活性酸素とは反応しません。
水素が反応して生まれた水は体外に排出されるの?
水素と悪玉活性酸素が反応して生まれた水は、汗・尿等として排出されていきます。
悪玉活性酸素が原因となる病気とは?
あくまで原因の一部となりますが、四大疾病(癌、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病)、肺炎、動脈硬化、慢性関節リウマチ、白内障、アトピー性皮膚炎、クローン病、アルツハイマー痴呆症、歯周病、胃・十二指腸潰瘍、腎臓炎、放射線障害、パーキンソン病、老化などがあげられます。
水素の美容効果を教えてほしい
加齢とともに抗酸化物質が減少することによって、悪玉活性酸素が増加ししわ、シミ、そばかすなどを発生させてしまいます。
紫外線が皮膚に当たることでも悪玉活性酸素が発生し、細胞を酸化させてしまいます。

水素は加齢とともに減少する抗酸化物質の役割を果たし、悪玉活性酸素を除去、身体の中からお肌の調子を整える効果が期待できます。
また、解毒作用の効果も期待されており、デトックス効果いわゆる身体の老廃物や毒素を排出することが期待されます。
水素がどうしてダイエットに良いの?
水素ダイエットの期待される効果としては、血液の中にあるコレステロールや体内に無駄な脂肪を吸収しようとする働きを抑制するというもの。
また新陳代謝をあげる効果も期待できることから、痩せやすい身体作りとしても期待されています。