団体説明

一般社団法人 水素医療研究所

一般社団法人 水素医療研究所は、水素(H2)が人体にとってどのような効能を発揮し、これからの医療・美容・健康などに役立たせることが出来るかを日々研究する機関です。
研究の発展により、水素を身体に取り入れることで、様々な効果が期待できることが明らかになってきており、水素水や水素風呂など水素効果が期待できる商品が一般家庭でも広く利用されるようになりました。
これから益々水素需要が進行していくと考えられ、医療・美容業界で水素を取り入れた治療というものが多様に生まれていくと期待されています。
水素医療研究所では、水素の効果をより明確にし様々な業界で水素が利用できるように研究を進め、各業界との連携を強めてまいります。

概要

名称 一般社団法人 水素医療研究所
所在地 〒650-0045  
兵庫県神戸市中央区港島南町1丁目6番地4
伊藤忠メディカルプラザ2階
連絡先 TEL:078-599-5684 FAX:078-599-5685
開設年月日 2016年3月
代表理事 三羽 信比古
事業内容 ・医療、美容における水素の研究、治療法の開発
・水素生成機、水素貯蔵に関する技術の研究及び製品開発
・水素開発商品及び関連商品の輸入、卸並びに小売
・各種商品の売買及び仲介、斡旋
大阪支所 〒532-0026
大阪市淀川区塚本5-9-18
アクアビル3階
TEL:06-6195-7305 FAX:06-6195-8183

沿革

2015年7月 一般社団法人 水素医療研究所 設立。
2015年8月 兵庫医科大学先端医学研究所 細胞・遺伝子治療部門長
後藤章暢氏 共同研究締結。
2016年2月 兵庫県神戸市にて事務所開設。
2016年3月 日本下肢救済・足病学会 賛助会員登録。
2016年4月 日本褥瘡学会 九州・沖縄地方学術集会 出展。
2016年6月 三羽 信比古 所長就任。
2016年7月 折田 久美氏 顧問就任。

組織図

水素医療研究所 - 組織図